Top
やったー感
昨年,いや,一昨年か、煤を吐きちらした
アラジンストーブのオーバーホール又は全面改装のめどがたって
うれしいんである。

おそろしいことに
あの事件の後、夫が、芯繰り上げ筒という
単価2100円もする部品を捨てていたのだ。
さらに、寿命も来ていた感もある、炎の見えるまどの窓ガラス
といっても、これはマイカ(雲母)で1枚525円もする  も替えた。

全身煤まみれになり、外れない部品に納得してもらいながら
ムスメの手も借りて、多分明日には点火式を敢行できるであろう。
充実した日々であった。

うれしいのは、もう,20年近く使っているのに
部品が全てそろうというシステムで、
台所のガスレンジの悲しさはなんだったんだ。

今日は早寝して明日に備えよう(^ ^)
[PR]
by mican-lingo | 2009-11-30 21:54 | うつむき日誌 | Comments(7)
Commented by yocchi0220 at 2009-12-01 08:01
みかんさん、おはようございます。
あのアラジンですね^^リニューアル?っていうのかな、おめでとうございます^^
みかんさんのブログを楽しませていただき始めた頃、煤が舞うアラジンの
ストーブの話がありましたっけ・・・と思い出すのでした。
今年78の田舎の母が、ストーブはアラジン。って親交のある画家の先生
が大昔から言っていたので覚えてるんだって。

長く使えることって素晴らしい。愛でるってそういうことだと思います。

追伸
今電気屋さんが頭を悩ませてるとこらしいっす^^
Commented at 2009-12-01 21:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nobukoueda at 2009-12-02 08:29
我が家もアラジン以前もらって芯、ハンズに行ったらあったけどほんと、高かったな~
 思ったより我が家では暖かくならないけどそれ自体をみているだけでなんだかほっこりしますよね。
 どんなアラジンか、画像楽しみですよ。
Commented by mican-lingo at 2009-12-03 00:01
♪ yocchiさん

ああ!憶えていて下さいましたか
ありがたや(^ ^)
ええ、中3の時暮しの手帖でアラジンを知って
使うのが夢でした。夢ねぇ・・・。
新居はもうすぐですね。
ふんわりと暖かそうなおうち!たのしみです。

Commented by mican-lingo at 2009-12-03 00:02
鍵コメ2009-12-01 21:43さま

はいっ!楽しみです。
Commented by mican-lingo at 2009-12-03 00:05
♪ nobukoさま

暖炉といっしょで,炎が見えていると,なんだか安心しますね。
うちは、せまいので、1日つけていると
夕方にはかなり暖かくなります。
ストーブ用のマキもためてますからね(^ ^)

Commented at 2009-12-03 20:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< この日 はげしい流れ >>