Top
 あやしい彼女

おお、YouTube貼り付けが出来たのだろうか!?

映画鑑賞 「あやしい彼女」
おばあさんが20歳に若返るというストーリー(少し前にTVでもやっていた)だけれど
多部未華子さんの唄にノックアウトされましたです。
サウンドトラックの発売はないみたいなので、唄を聴きにもう一度映画見に行こうかしらん。

でも、もう一度20歳になって人生をもういちど・・したくはない。
走れたり、大股で歩けたりできるってすごかったなあ。めそめそ。










[PR]
by mican-lingo | 2016-04-04 21:09 | うつむき日誌 | Comments(4)
Commented by Kcouscous at 2016-04-08 07:47
へえ、こんなのができてたのね。
原作?の韓国版を前に見ました。面白かったけど、確かに古い時代の韓国の歌は知らないから、本当の面白さはわからなかったんだなあと、この「悲しくて悲しくてとてもやりきれない」(タイトルはこんなんだった?)を聞いて思いました。
Commented by mican-lingo at 2016-04-08 22:34
♪ Kcousさん
数週間前のNHKのバラエティー番組に、多部未華子さんが出ていて
思いがけない歌のうまさに引きずられて、これを見たのです。
韓国版も見てみます。
主題歌もいいよ。
Commented by queentomo at 2016-04-13 01:12
わたしもかんこくばんとちゅうごくばんの二本見ました。前者の方が面白かったw。
Commented by mican-lingo at 2016-04-13 22:31
♪ tomo ちゃんさん
夫にかんこく版借りてきてって頼んでるけど、まだなのです。
早く見たい〜。
<<  2016モデル  ぷぷ   >>