Top
 茶房 mican
f0128030_22335922.jpg



いやぁ、白玉は自分ちで作るとおいしいんですねぇ。
還暦過ぎて初めて知ったよ。
あはは、抹茶は一度こすんだねぇ〜。

白玉抹茶しるこ〜〜
また明日も作ろうっと!







[PR]
by mican-lingo | 2016-08-13 22:37 | 作ることもある | Comments(2)
Commented by Kcouscous at 2016-08-17 08:26
『岸辺の旅』という映画で、白玉しるこを作ると死んだ夫が帰ってくるので、妻が必死で白玉しるこを作ってました。お盆の時期にふさわしい食べものなのかな。
昭和30年代のガラスの器とぴったり合って、すごく美味しそうです。「茶房mican」の極秘レシピでなかったら教えてたもれ〜。
Commented by mican-lingo at 2016-08-17 22:53
♪ Kcousさん
「岸辺の旅」見てみますっ。
抹茶白玉しるこ(2人前)は
1 茶こしでこした抹茶2グラム(こすのが大切!)を熱湯70cc位でよくとく。
2 市販品の白あん大さじ2杯くらいを入れてさらによくとく。
3 白玉団子をつくる。(白玉粉30グラムに対して砂糖小さじ1杯くらい入れておく。)
  団子は綺麗な丸の方がいい。(反省点)
  団子はゆでたら、冷水に入れる方が良い。(反省点)
4 器に白玉を盛り、抹茶あんを注ぎ、てきとうに氷も入れる。
というレシピで作りましただ。
<<   蟠桃  古いガラス >>