Top
割れた皿

なおしてもらったお皿が帰ってきた。

f0128030_931188.jpg


















家人がよう皿を割ってくれるのです。
この3枚をまとめてやってくれたので、
知り合いの大工さんになおしてもらいました。
金継ぎは、それ用のセットをハンズとかで購入できるらしいんですが
ま、それは今後の課題としてですね。

右のやや大きめの皿は、とても気に入っているもので
鳳凰の図らしいのだけれど、どうみても谷岡ヤスジか、関テーレにしか見えず、
「あさーっ」と告げている鳳凰さんです。

金継ぎもよいものですが
あまりすかっと直線に割れるとあいそないので
わたしは、ここで、茶碗たちにいいたい。
「こころして、かっこよくわれよ・・・」と。
[PR]
by mican-lingo | 2007-01-13 09:31 | Comments(4)
Commented by nabetsuma at 2007-09-28 18:10
金継ぎ、何回か経験しました。
で、「金」というからにはものすごーく高いんやろと、
びくびくしたことを思い出しました。(そんな高くなかったです。)
昔のひとの知恵はすごいもんです。こちらのお皿もお化粧して
よみがえったようです。

で、本題です。もしや本日 griffith に行かれました?
絵の「額」、一瞬の差で買えなかったそうです。絵描きに
それ買ったんは、mican-lingoさんかもしれへんから聞いて
みよう! と。趣味に共通点あるのでお尋ねしました。ははは。

絵描きの収穫はけっこうあったもようで、いろいろ買って帰り
ました。そのうちブログで公開するでしょう。
Commented by mican-lingo at 2007-09-28 19:03
ヤッホー
金継ぎできるようになりたいですぅ
今日は仕事だったんでgriffithは明日午後行きますぅ
Commented at 2007-09-28 20:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-09-28 21:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 新年会 鳥と仲のよい >>